絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

クリスマスプレゼント

今日は、一人で地域の小さな劇団が主催しているミュージカルを観に行った。


狭いホールだったが、ピカピカの床に丸い机や四角い机が、所狭しと、ある意味規則正しく並べられていた。

その片隅に、白髪の宮崎駿さんらしき紳士と頭にチョコンと小さなハットの飾りを乗せた黒いドレスの女性がいた。


そのミュージカルは、2部構成になっていて、1部はその2人によるジャズのライブであった。

そのアンコールで歌った曲が、フランス語「愛の賛歌」だった。

「クリスマスプレゼントです。」と言って・・

歌手が、その歌の意味を語り始めた。ピアノの優しい曲が流れる。



わたしたちの上に広がる青空が 

崩れ落ちることはあるでしょう 

大地がまさしく  

崩れ去ることはあるでしょう 

わたしには大して重要ではない  

あなたがわたしを愛しているのなら 

わたしは 世間のすべてを気にはしない 

愛が わたしの朝を満たす限り 

身体が あなたの両手の中で震える限り 

わたしには大して重要ではない いくつもの障害は

モナムール(恋人よ) あなたがわたしを愛してからは  

世界の果てまで行くでしょう 

ブロンドに染めることでしょう 

あなたが それを命じるなら 

月を取ってくるでしょう 

財宝を奪うことでしょう 

あなたが それを命じるなら 

祖国を否認するでしょう 

友を否認するでしょう 

あなたが それを命じるなら 

人々はわたしを嘲り笑うでしょう

 

『わたしはどんなことでもするでしょう 

あなたが それを命じるなら  

たとえいつか 人生があなたを  

わたしから引き裂くことがあろうとも 

たとえあなたが亡くなり 

わたしから遠く離れようとも 

わたしには大して重要ではない  

なぜなら あなたがわたしを愛しているのです 

なぜなら わたしは わたしもまた死ぬのです  

わたしたちは永遠を得ることでしょう わたしたちのために 

限りなく果てしない あの青さの中 

もはや障害のない あの空で 

恋人よ 信じるのです 愛し合っていることを 

神は 愛し合う者を再び結び合わすのです』


心に沁みた。

素敵なクリスマスプレゼントだった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。