絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

野村沙知代さんが教えてくれた。

すごく怖くなる時がある。

「死」んでしまうことが怖い訳ではない。


こんな生き方を何年続ければいいのだろぅ…と、ふと思う瞬間が…何故か恐ろしい。


一人は楽だと言い切った…。


だけど…一人は虚しい。


あっちゃんと暮らしたあの家に帰られないのならば、私は、この四角い小さな部屋の中で、いつまで暮らせばいいのだろう。


少し高めの天井を眺めながら…そう思う。


一人で生きられるかもしれないと…言った。そう思っている。強がりだろうが…そう・・思いたい。

だけどそれは、今はこうして働けるからだろうし、体もまだまだ動かせる。職場には、気の合う仲間もできたし、趣味の幅を広げていこうかと少しずつ行動もしている。


だけど…怖くなる時がある。


それは、野村沙知代さんが教えてくれた。


きっと、


体がしんどくなって…

誰かに頼りたくなった時…

ベッドの上で小さな声で、

「左手を出して…」っと言ったら、


握り返してくれる・・



大きく優しい手がないから…だ。


安心できる…


手がないからだ。


(野村沙知代さんのご冥福を

お祈りいたします。)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。