絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

あっちゃん誕生日

今日…12月23日は、あっちゃんの誕生日。私の家には、天皇誕生日の祝日なんてない。30年近く…今日は、パパさん誕生日の祝日だった。


彼はもう…歳を重ねることはないのだろう。


私と同じ年になって、私があっちゃんの歳を追い越して、年の差が段々と広がっていく。

死別の哀しみはそこにある。

同じように歳を重ねていくことが、突然ストップしてしまうこと。

…思い出しか残らない。


だけど…その・・

思い出を懐かしんでも、結局責めてしまうから…。

それが、哀しくて、虚しくて…。


あっちゃん!

今日は、娘夫婦が、

あっちゃんの誕生パーティーを開いてくれました。久しぶりにみんなで食事をしました。

食べたことないでしょう。

娘の手料理…。

残念でした。

早く逝ってしまうから…。

もう少し一緒に歳を重ねることができたら、こんな日もやって来たのに…。


誰も口には出さなかったけれど、

どんな時も…何か足りない…って感じながら過ごしているよ。一緒に皆んなで年が重ねられないから…。


バースデーソング歌ったよ。

「Dearじぃじ!」って。

そんなに年の差が広がる前に、できるなら元気なうちに逢いたいよ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。