絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

お墓の前で崩れてしまいました…

今日は、一人で高速を2時間走らせ義父母の待つ?家に帰りました。

目的は、スタッドレスタイヤ交換のためですが…。1か月に一度は、もう嫁ではなくなったとしても、あっちゃんの両親の元気な姿を見て安心して、私の近況を少しだけ話すためです。


帰りに、いつものようにお花屋さんに行き、まだ咲きかけの白い菊の花を2本買ってお墓参り…。


お墓は綺麗に掃除されていました。お義母さんでしょう。


あっちゃん!


3回目の年末…

どんな気持ちで、過ごしているか分かる…⁉︎・・と、お線香に火をつけ始めたら…悔しくて・・

哀しくて・・

ろうそくの炎が揺れて揺れて…


楽しくもない年末年始で

美味しそうなものが並んでいても美味しくなくて…

年賀状なんか…見ないでそのままのが2年分あって。来年のも絶対見ない。

私も、年賀状書くのをやめて3年。


新しい年を迎えることが…

少しずつ、あっちゃんに会える日が近づいてはいるのだろうけれど…

全く…めでたくなくて…


おめでとう…なんて言えなくて…


そんな年末年始を過ごしている私の気持ち・・分かる⁉︎って…お墓の前で泣いてしまいました。

何年か前に流行ったあの歌が…

♪お墓の前で泣かないで下さい。私はそこにはいませんから〜♪

出てきて…謝ってよ!

ごめんね!って言うべきでしょ!


死にたいのは…こっちだよ。もう…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。