絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

伴侶の死は…「1番・・…」

あっちゃんのことを…


何もかも・・・


一番よく知っているのは、


母親でも父親でもない!


私だ。


私のことを、何でも知っているのは、


あっちゃんだ。




伴侶の死別の「哀しみや苦しみ」は、


「一番」その人のことを知っている人が・・

「一番」理解し合っている人が・・


少々のことは許し許され…「一番」甘えられる…人が・・


誰よりも傍にいた人が…

これから…も

一番長く・・・


傍にいなくてはいけない人が、


亡くなってしまったこと…。


これが、情けなく、哀しくて仕方ない。



「一番」心許せる人がいなくなった。「一番」私の本性を知っている人が…



「一番」私が私になれた…「人」がいなくなったことだ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。