絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

お葬式なんて…行きたくない。

昨日夕方…


チン!っとなった。


この頃また、迷惑メールが増えているのでさほど気にも止めなかった。


職場で携帯を見るのは、禁止されているのもあり(必要に応じて)私は、見ずまま…その小さく響いた音の事など…忘れて過ごしていた。



勤務終了時、いつものように娘から、メールが入っていないか確認しようと車に乗り込み、ひと息ついたところで、携帯を出し開いた。


娘からのラインはなかった。


SMSのメールを開くと・・


親友からのメールが…


父が亡くなりました…と、


私の母が、父が、あっちゃんが死んでしまった時、仕事を終え駆けつけてくれた。


なのに…私は・・・


遠くにいるから・・

仕事がシフト制だから・・急に休めないっと,言って、まだ駆けることができないでいる。


その友達と、夜中少しメールで語りあった。


彼女は、今も独身。

小学校の先生をしている。

姉と弟がいるが、それぞれ結婚して独立している。

彼女は、ずっとご両親と過ごしていた。


その母親を7年前に亡くしている。


そして、父親。


昨日のメールの言葉の中に…


「とうとう…この世に一人…


みなしごだね!」って。



私は、随分前にそうなったよ…

・・・って送った。

そして、


お父さんは、今頃お母さんと会えて嬉しいはずよ!とも…送った。



さあ!朝が来る。


彼女の心に寄り添いに行こう!と思う。久しぶりの新幹線。博多まで。


私の抑えていた哀しみが一気に噴き出してしまいそうな気がする。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。