絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

慣れのゆく果て…

久しぶりに風邪を引いてしまった。

運良く今週のシフトは、勤務が週3しか入っていなくてよかった。


休みの今日は、娘と朝から約束があったのだか、風邪をうつしてしまっては申し訳ない為、用心をとって一日中寝て過ごすことにした。

症状として表れているのは、喉の痛みだけだけれど、熱が出そうな気もしたので、ずっと横になっていた。


雨は昨日ですっかり上がり、また春の陽気が戻ってきていた。こんな日に、寝込むとは…と、また、自分の生き様を卑屈に思う。

閉めっぱなしのカーテンの隙間から日差しが差し込んでいた。


以前もあった。


休日は、寝て過ごした。


あっちゃんが走り回っているのを知りながら、日差しで眩しかったら、布団を被って寝ていた。知らん顔して…寝ていた。


夕方近くになると、

携帯の着信音が鳴った。

エグザイルの道…

そして・・・

「遊びに行こうか?」って、あっちゃんの声。

もう…随分聞いていないなぁ。


すっかり…一人に慣れてしまった。

すっかり…一人でいることを楽だと思えるようにもなった。


すっかり…あっちゃんのいない私の生活を営んでいる。


一人でも…

すっかり…普通に暮らしている。


だけど…、まだまだ恋しい。

あっちゃんと暮らした…生活が。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。