絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

なぜ…話せないのだろう。

分かち合える人達と…

話がしたいと思った。


何を話すのだろう…

ただ目と目が合うだけで、泣いてしまいそうな気がする。


肩の震えが、

後から後から溢れ出る涙が…、

今までなんとか乗り越えてきた証だから…。

それを、思い切り表現できて、受け止め合える人達に会いたい…。

なんて、時々思ってしまう。



あっちゃんを亡くした年の夏…一度だけ出席した死別の会。

私一人が…浮いていたような・・・しかも、お一人の方を除き、みんな高齢者で…「死別をする人は、ほとんどそう若くない人なんだ…」と・・・

当たり前のような…当たり前でないような・・それが、返って…哀しくなってしまったのを覚えている。


なんなんだろう…


やっぱり聞いて欲しいのかなぁ。

知って欲しいのかなぁ。


いつも、ここまで…

喉の上の上まで、言葉が出かかっているのに…呑み込んでしまう。


私の事は、一切話さない!ぞって。

分かるはずないのだから…

ここで、空気を悪くしてしまっては申し訳ないし…

だけど…



話してみたいなぁ。

聴いてもみたいのになぁ。って…ふと思う。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。