絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

どうか…助けて下さい。

こんなことが起こるものだろうか。


人間…、一寸先は闇とは、よく言ったもんだ。何が起こるか分からない。

擦った揉んだの人生を歩いている私には、これでもかなりの免疫がついていると自負していたが、

不意打ちにこられると…

娘や孫の事になると…

心が対応しきれず、また、あの暗闇に心が歩き出してしまう。

本当に…

なんて・・事が起きるのだろう。


突然に…

一気に…

重なって…。

アンパンマンミュージアムへ行こうと、春の旅行計画を立てた。

神戸にしようか博多にしようか迷った結果、姉家族のいる博多に決めた。


なっちゃんと娘と私…3人で新幹線で行くことにした。


心は、ルンルン…。

春爛漫…。

待ってろ!アンパンマン!!なっちゃん以上にハイテンションだった。


しかし…

一瞬にして・・

奈落の底に落ちる。

博多滞在3日目、今日がメインのアンパンミュージアムの日だった。

そのお昼前・・

なっちゃんが、救急車で運ばれる事になる。そして、そのまま博多にある病院に入院することに…!

悪夢…だっ。

なぜ…今⁉︎


ここで…。


熱性痙攣だった。


入院が決まり、様々な検査が行われている最中、娘の携帯がなる。


娘婿からだ。なっちゃんの事を心配しての電話だろうと思った。しかし内容は随分違っていた。

「お母さんが倒れた。脳梗塞らしい。危険な状況。」


娘婿は、新幹線で実家に向かうという。

娘婿にしてみれば、娘(なっちゃん)の生まれて初めての入院。しかも、救急車で運ばれる。そして、その2時間後には、母親の危篤を知らされる…。

こんなことがあっていいのか。


その夜、娘は遠く離れた博多の病院から真っ暗な空を眺めていただろう。

愛する人の押しつぶされそうな感情を考え涙しただろう。父を亡くした哀しみを知っている娘だけに・・・


切なかっただろう。


それを思うとまた…悲しい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。