絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

偽りの私・言えない言葉

貴方がいないこと…

貴方に会えないこと…を、私はこの街では隠して生きている。

私が主人と死別していることを…。


私はこの街に来て、3人の人に「死別」の事実を話している。この仕事に就く為の面接の時に面接官(3人)に問われたので仕方なく話した。

また職員として登録する為に、家族構成(扶養)等の資料を提出したので事務局の人は知っているかもしれないが、自分から話したのは、その面接の時だけだ。


何故か…主人はいない。

主人は、亡くなった…ってことが、

…言えない。


世の中には、結婚をしていない人

離婚をした人、シングルマザー…人それぞれの生き方があって、一人で子どもを育て、しっかり前を向いてあるいている。

堂々と自分を語りながら…。


それが自分の選んだ、自分の為(子ども)の人生だと・・・

胸を張って…進んでいる。


でも…私は違う。

死別だからなのだろうか。


主人がいないという事実を言えない。言いたくない…。

黙っているから余計に苦しいのかもしれないが。


主人がいなくなったことで、今まであったわずかながらでもあった…自信がなくなった気分だ。

だから…どんなに一人で頑張っていても胸が張れない。


あっちゃんがいたから生きてこれた。胸を張って…生きていた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。