絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

夢のような生活!

普通の…

極、極普通の生活をすることを楽しみにしてた。


妄想・・・

理想の主婦生活…。


60才…いやいや!

それよりも少し前に仕事を辞めて、家に居て主人(あっちゃん)の帰りを待つ。


「おかえり!」って迎える。

あっちゃんは、毎日晩酌をする。直ぐにお風呂に入るので、その間にテーブルのセッティング。


セッティング…って言っても、料理は得意ではないし、もう…50も後半になった夫婦なら、吸い物と焼いた魚と簡単な酢物と漬物があれば充分だろうと思う。

ただ、お酒のつまみになるものは、必ず一つや二つは用意する。お酒は、週に3日。休肝日を持ちながらの生活。

いっしょに晩ご飯食べて、もちろん!朝ご飯もいっしょ!(何十年ぶりだろう…)

いっしょにニュース見て、

意見交換して…

たわいもない会話を楽しむ。


会話…は、少なくてもいい。

美味しそうにお酒を飲んでいる、ご飯を食べているあっちゃんが側にいれば…。それでいい。


毎日…毎日…、

寝る時も…

「おやすみー」

起きた時も

「おはよう」ってあっちゃんがいれば…


それでいい。


もちろん…コンビニの経営は辞める。

体を壊し貯金もできないコンビニの経営なんて…あっちゃんが何と言おうが辞めさせる。


2人で無理をしない程度の仕事をして、好きな旅行をして、孫に1ヶ月に1度は逢いに行って…


こんな事…簡単なことでしょ!


ただ朝に晩に…側にいるだけでいい…

それだけでいい…


これが、理想の生活だった…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。