絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

夫婦

夫婦って…


空気の様な存在って言うけど本当なんだなってつくづく思う。

居るのが当たり前で。

一緒にいる時は、その存在の大切さも大きさも考えることは滅多にない。

いつのまにか横に居て、いつのまにかスッと居なくなって・・・


風のように私の横を通り過ぎるけれど…

それを目で追うわけでもなく・・・なんとなくやり過ごす。


柔らかな空間がそこにある。


その風は…

2人の間を流れる風は、年々・・・吹いている事を忘れるほど穏やかにもなる。


いつもそこにあって…

絶対になくなってはいけないもの。


目立つ訳ではないが…


生きるために必要なもの。


なくなったら…


死んでしまうもの。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。