絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

どこへ行けばいいのだろう…

この街に来て…

あっちゃんと暮らした街を離れて…

もうすぐ1年が過ぎる。


昨日、園長に呼ばれて

「義香さん。この学園に来られて1年が経とうとしていますので、契約継続の手続きをしてもらいたいのです。」


「はい…」


「5年間勤めると、後は5年毎の契約になります。」


「はぁー…」


「まだ、地元へは帰られませんよね。」


「あっ・・はいっ」


書き慣れない住所…と、名前を書いて、今日の日付を書き捺印。


昨日は、「遅遅」と言って、午後2時から午後10時までの勤務だった。真っ暗な中車に乗り込み、音楽を聴きながら帰宅。


その路…・・・


何故か…涙が止まらなくて…


いつのまにか…・・・


あっちゃんの名前叫んでいて…。


嫌いではないけれど、この街は…

寂しさには耐えられるようになったけれど・・。


虚しくて…


遠回りして帰宅した。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。