絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

私の願い

目の前にいて…

触れたい時には手を伸ばし…

その温もりを感じて…


喜びも悲しみも分かち合い…


「お前百まで!わしゃ99まで」


相手に先立たれることによって淋しい思いをしたくないから自分より先に死なないで欲しいという願い。


また夫婦が一緒に最期を迎えよう…という思いが込められているこの言葉のように…。


「ともに白髪の生えるまで」


共に生きていたかった。


だけど…

どこで、道を間違えたか分からないが、これから先、一緒にいた時間よりも一人で過ごす時間の方が長いのかもしれないと…考えると、


いやいや!

あっちゃんの世界に逝っても、私のことが分からなくなる前に、

お婆さんになる前に…


そんなに年が離れないうちに…

母親として、もういい!っと見極められたら…


あっちゃんの世界へ

逝かせて下さい。


あっちゃんが私だとわかるうちに…


それまでは、しっかりこの世の中で働きますから…。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。