絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

遺された者の義務

私がしたい事ではなくて…


私がこれからしなくてはならない事は、後どれくらい残っているのだろうか。


先ずは、あっちゃんの半分の遺骨の納骨…。

次に、あの家の中の物の処分であったり片付けであったり…。

そして、あっちゃんの遺品の片付けも…

それから…それから・・


それから…何があるのだろう。


考えてみれば、

私がしなくてはならないことのほとんどは、大切なものを「手放す」ことだ。


死別とは…こういうことか・・・。


そういうことなんだ。


一つ一つ…私の元からなくなってしまい…いつかは何もなくなり…ただ想い出だけが遺る。

そういうことなんだ。


それでいいのかもしれない。


確か…ずっとずっと前に、娘から言われた。

「生きることは、諦めることだ」って。


完全に自分の人生は諦めているよ。

あっちゃんが、私がいる世の中に帰って来ないことにも諦めがついている。


だけど…


動けない…


今・・2人で暮らした家に居ないから…仕方がないけれど…何もできない。いや!何もしたくない私がいて、この状況を作り出しているのだろう。いつかは、私のこの両手に余るくらいのものしか…なくなって…

生きていくのだろう…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。