絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

新薬

妹がリウマチで…っという話は以前にもした。


医学は進んでいる。日に日に新薬が開発されているそうだ。その新薬はすごく高価なものだが、「新薬を試す」という意味にもなるのかな。申請をすれば無料で治療することも可能だそうだ。

痛みがなくなる事が第1だから、良いと思われる薬は試してごらん!っと背中を押した。


その日…2人でラインを交換をした。


妹 「修行だね」


私 「修行にはいろいろな形があるか らね」


妹 「いろいろな形?」


私 「痛い修行もあるし、苦しかったり、哀しかったり…寂しかったりり・・」


妹 「・・・」


私 「貴女の修行は、和らいだり回復したり…終わりがあるから心配するな!」


妹 「姉ちゃんの修行も…終わりがきっとあるよ」



終わりが…本当にあるのだろうか?

この虚しさを…哀しみを拭い去ってくれるものが…この世に存在するとしたら・・・

涙なんかいらない。

皆んなが皆んな幸せだ。


そんな…新薬・・・

開発してくれないだろうか。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。