絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

そんな時…つれあいを亡くしたら。

つれあいを亡くした時…

まだ新婚で…熱々の二人で…一緒にいるのが嬉しくて…帰宅した車の音が聞こえたら、玄関まで走り寄り満面の笑みで、

「おかえり…」…って・・・


そんな時…つれあいを亡くしたら…


子どももスクスクと成長し、塾や習い事…夏休みには家族旅行・・私立の中高一貫校に入れるからと…夫婦共働き…・・・


そんな時だったなら…


大学生になり、益々女性らしく輝く娘を見るのが嬉しくて…

「腕を組んで歩いてくれるかなあー?」って…恥ずかしそうに…うつむいたまま歩いていた…あの頃・・・


そんな時…つれあいを亡くしたら…


大学を卒業して…自立する姿を見ることができ…それぞれの仕事の都合をつけて旅行を計画し楽しんだ…


そんな時だったら…


花嫁姿・・・

生涯共にする相手を確認し…安心して…嬉しいような寂しような気持ちを感じ…。だけどこれからは、二人でのんびり楽しく過ごしていこうと思っている矢先に・・・


そんな時…つれあいを亡くしたら…


子どもの家族を見守り5年…10年・・20年共に生きた…そんな時…


そんな時…だったなら…。


どんな時でも…

哀しみは同じだろうけれど…


諦め方が違う。


自分が居るべき居場所が違うはず…。

そして、

闘うべき相手が違うから、立ち向かう力が違う。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。