絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

現実を買います!

買いました!


宝くじ・・・。


そして思い出しました。


あっちゃんが亡くなった年の年末ジャンボ…を買った日のことです。


私は宝くじはそれまで買ったことがありません。あっちゃんは、毎年買っていました。当たったことなどありません。いや!当たったことがあったかもしれませんが、私には報告がなかったので知りません…と言った方が正しいと思います。


あっちゃんが亡くなった年の年末。ふと…宝くじのことが頭をよぎりました。時計を見ると、16:05…


あっちゃんが息をとった時刻が16:11…。


だから…なんだ!なのですが…

ちょうど買い物に行ったお店の横に宝くじ売り場があったのです。車を駐車してあの宝くじ屋さんの窓口に行って、宝くじを注文し、その宝くじを自分の手にするのが・・・もしかして…


16:11…。


これは神様の御導きと思いました。


初めて買いました。


30枚。9000円。

必ず当たる!自信がありました。


まるで…吸い寄せられるかのように…


しかも時刻が…時刻ですから。



しかし…言わずもがな・・・です。



そしてこの夏!買いました。

買ってきてもらいました。

サマージャンボ!


宝くじで夢を買うのではありません。

宝くじであっちゃんと私の住む家を買いたいと思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。