絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

私が一番怖いもの…

いつかは…

私もこの世を去る日が来ると…

何故か急に…

そんな想いが込み上げてきて…

あんなに…

「死ぬことなんか!怖くはない。むしろ…早くあっちゃんの傍に逝きたい」


なんて…


豪語している割には…


一人で…

四角い天井見上げていると…


心から哀しくなってしまって…

今日は、仕事が昼から休みだったこともあってひとしきり泣いてみました…。


あの可愛い今なっちゃんが見られなくなる…とか・・・


大事な娘の笑顔を見られなくなる…とか・・・

まだしてやりたいこと…いっぱいあるし…助けてもあげたいこともあるとか…考え…、


母親を亡くしたばかりのお婿さんには、例え義母でも母として一つでも多く何かをしてやりたいのに…とか…。

まるで余命宣告を今日受けた人のように…

泣けて…泣けて・・

もう少し…

安心できるまで…と

あっちゃんの遺影に向かって手を合わせ…。

沢山の思い出があるのも哀しいから、適当な時に、迷惑をかけることがないうちに…とお願いしました。


死ぬことより…


遺す・・ことが…怖くて…


泣いているのだと気づくには、そう…時間はかかりませんでした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。