絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

変わらないで欲しかった…未来!

今年の夏…

平成最後の夏が終わろうとしていた。

平成30年・・・

平成は…30年間あったんだ。

私はその平成という時代を全て生きそして過ごしてきたことになる。

一つの時代を生きた…


平成という時代は、正にあっちゃんと一つの家庭を築き…育てた時代だった。

夫婦として共に生きた時代でもあった。

しかし…次の時代の命名も聞かずして…

残りたったの3年を待たずして・・この世を去った。

次の時代はどんな名前になるのだろう…等と、そんな事に全く興味もなく…

それより、新しい時を…

これからは何かが始まるその一歩を…いつもいつも一人で迎えなければならない事に虚しさを感じ…。


まだまだ…もしかしたらもう一つ先の時代も一緒に迎えられたかもしれないのに…とまた、そう思うと悔しくてたまらなく…。

過去は変わらないことは分かっている。

どんな時代が来ようとも。

あっちゃんがいなくなったという事実は決して変わらない。


変わる事が出来る未来…

今をどう生きているかで…確かに変わるであろう未来に…少しでも笑える日が多くなりますように…と空を見上げると今日はすごく大きなお月様が出ていた。


あっちゃんだな!

そして呟いた。

変わらなくてもいい…未来もあったのに・・・と…。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。