絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

やっばり!あっちゃんが一番!

今だから…話せるけれど…

大学5年生(?あっちゃんは4年で卒業できませんでした!)のあっちゃんが、私に…

「誰か素敵な人紹介して!」って言うもんだから・・・

当時看護学校に通っていた妹を紹介したことがあるのです。

今だに…笑い話なんですけど…。


若い時は、家族が集まった席で、私はよくこの話を出し、

「一体…どんなデートをしたのか2人にしがわからないからねー!」ってからかって、その場を賑やかせもしていました。

あっちゃんにとっては、義妹となった訳だが、まるで自分の妹のように可愛がっていました。


妹だけではない!


姉の子供たちに対しても同じでした。姉の長女の結婚式では、テーブルに置かれたあっちゃんへのメッセージに…


「あっちゃん兄さんは、私の初恋の人でした。」と書いてありました。


彼は、誰からも慕われた!

彼は、面白かった!

彼は、細かい心配りのある人だった!

姉の旦那さん、

妹の旦那さん…がいるけれど、

一番カッコよくて、一番優しい旦那さんだった!


一番… 人当たりのいい人だった!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。