絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

消えてしまった過去

ドアを開けた瞬間…

もう…随分前の空気の匂いがした。

昨日、久しぶりに…

お墓参りをするために帰宅した。

お義母さんが、おでんと酢物を作って待っていてくれていた。


娘家族と一緒に帰ったので、もっぱら話題は2歳になるなっちゃんの話で…

別に話すことのない私にとっては丁度よかった。なっちゃんがいるお陰で、その場にいられるような…持て余す時間を有意義に過ごせるような…そんな気がした。

私は、一人…義父母の家から外に出て、同じ敷地内にある「元あっちゃんと私の家」に入った。


玄関のドアを開けると…

生暖かい空気が流れた。

誰も住んでいない、活力のない重たい空気…

行き場がなくて、どんよりとした古臭い空気…

かつては…ここで話し、笑い、たまには喧嘩もし(一方的に私が言うだけだったけれど…)涙も流した。

今を…

未来を作るために「今」を精一杯生きてきたこの場所が…

1年で…

心を盗られた私の様に…


何もかも消えてなくなってしまったかの様に…。


ここに…

この場所に・・・

本当にあっちゃんがいたのか…


そう思ってしまうほど…

生きていた匂いが…

思い出という名の幸せの残像が…


なかった…。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。