絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

適応力

狭い部屋でも…


誰もいないこの部屋でも…


疲れて帰って来るとホッとため息がでる…。

ちょっとした「好きな時間」がここにはある。


私はいつの間にか、あっちゃんと暮らしていたあの家同様に…自分が落ち着ける場所を見つけていた。


つくっていた…。

あの寂しさから逃れようと。

哀しみを覆い被せるものを見つけようと。

苦しみの中にいても…何かを生み出そうと…。


そして、ほんの少しだけ

楽になった時…


鏡に写ったものを見ると、


飾らない自分の姿だった。


玄関を開けると、自然のままの姿で外に駆け出してゆける。肩肘はらずに歩いてゆける。


ここにはあっちゃんはいないけれど…

ここは暖かい人の温もりが感じられる空間ではないけれど…

静か過ぎて、たまに泣きたくなるけれど…。


ちょっとした素敵な空間がここにはある。


私って、かなり… 適応力があるんだよなぁ…って思う。


今は、この寂しい時間も、私の好きな時間になっているのかもしれない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。