絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

嫌いな月・・・12月

月めくりのカレンダーも、

もう…この一枚だけ…。

世間は…とっくにクリスマスモードで…。右を見ても左を見てもキラキラしていて…。

私も、

この・・・月が大好きだった。

それが、

4年前の…

12月・・・。

あっちゃんの緊急入院…

24時間の余命宣告…

肝性脳症の重症化…

昏睡状態…


見たくない…聞きたくない…感じたくない全ての事が…

目の前で一気に起きた…から・・・

「12月」が…。

あの日から「12月」が嫌いになった。

もう、ジングルベルは歌わない。

ツリーも飾らない。

年末年始には仕事を入れて働く。

年賀状も書かない。


笑い声には耳を塞ぎ、

幸せそうな笑顔を見れば目を閉じて、私の…

12月は、明かりを灯すことを忘れて過ごしてきた。


4年前の年末年始…

地獄絵図… のような日々…

あの時壊された心は…

まだ修復されずに…ここにある。

明かりの灯らないツリーのように。


あの…12月のまま…


まだ…もう少し・・

新しい年が明けることはない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。