絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

愛する家族に代わるもの…

子ども達といると安らぐ…。

子ども達が笑っている顔を見ると、嬉しくなる。

何より、支援者として助言、指導した事を本人が素直に受け止め、笑顔で返してくれると…本当に温かい気持ちになる…。


大晦日の31日から元旦の正午過ぎまで、今年も寮で過ごした。自分から望んだことだから、何の問題もない。子ども達の声を、賑やかな音楽を、様々な雑音を聞いていたかった。


その一方で、ついつい…あっちゃんがいた頃の大晦日を思い出し・・・

スタッフルームのガラス越しから、涙でぼやけた瞳で見ていることを、子ども達には悟られないように…一人ひとりの姿を目で追っていた。


今年は、帰宅ができた利用者はたった3人だった。

自分から帰宅拒否した利用者もいる。親の都合で帰れなくても…「お母さん…忙しいから…迷惑掛けられん。」って親を労う。

自分の居場所が…

今は居なくてはならない場所を、きちんと分かっているのだ。電話の向こうの「愛する家族」に、無理強いしたり文句を言ったりする利用者は…一人も…いない。

そうよね…。

今は無理でも、生きているのだから…

子ども達は必ず…愛する家族と…

「いつかは…会える…」 のだ。

それが…子どもにとって幸せなのかどうかはわからないが…。

子ども達の唯一の楽しみは、3日までみんなでデイルームで眠れる事だ。

いつもは10時の消灯も…

10時までのテレビ制限も…この日ばかりはない!

3台あるテレビが思い思いの番組を映し出している。


いろいろな人生があってもいいじゃないか!

みんな…多かれ少なかれ我慢をして暮らしているんだ!

愛する家族は此処にはいないけれど、それに代わる「何か」を見つけられればいいじゃないか!


たまに、こうして騒ぐだけでも…案外・・笑えるし、楽しいもんだ!


子ども達が教えてくれる…。

だから…

私もデイルームで…子ども達の中に交じって転げてみた!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。