絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

あっちゃんが亡くなった病

改めて…納得。


なっちゃんの熱が下がった。


扁桃腺に膿…なんて!

何をどうすればそうなるのか全く分からないが・・

とにかく…熱が下がった!


万々歳だ。


改めてわかった。


ラインで、なっちゃんの様子伺うと、直ぐに娘から「昼から、ずっと平熱!もう大丈夫だと思う」と返ってきた。


すると…どうだろう。

今まで息苦しかった胸は、その文字を見るや否や、スッキリ…!

少し震え気味に打っていた心臓の鼓動は、平常に戻り…!

心が一気に軽くなる!


朝から体がしんどくて、もしかして、風邪ひいちゃった?なんて…思っていたが、これも間違いで・・


すこぶる元気ではないか! わたし!


風邪?そんなもの引いていないではないか! わたし!


わかった!

誰しもそうだろう!


人の喜びは…

愛する人の元気な姿を見ることなのだ。

笑っている、嬉しそうに…はしゃいでいる姿を見ることだ。


それなのに…

「あっちゃんが亡くなった病」をいつまでもいつまでも引きずっている私は、その元気な姿を見せる事が極端に減ってしまっていた。

「あっちゃん病」を引きずるのは仕方ないにしても…


愛する人達は、元気な私が見たいのだ。それを見て…元気にもなるもんだ!


笑う門には福来たる…だよね。


元気な姿を見せて、愛する人達が元気になって・・・


私が元気になる!


今日は、前向きだ!

(いつまで続くことやら?)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。