絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

「死ぬまで…一人」が嫌なんだ!

一人の時間は好きだ。


でも、ずっと、ずーっと…

「死ぬまで」一人でいなければならないという事が嫌なんだ!


毎日会えなくても大丈夫!


でも、ずっと、ずーっと…

「死ぬまで」会えないのが…嫌なんだ!


時間を自由に使えるって最高!


でも、「今度はどうする」って・・・約束できないことが…嫌なんだ!

「嫌なんだ!」「嫌なんだ!」って、いつまでもいつまでも思っている自分が、一番・・・嫌なんだ…。

「こんな人生…嫌なんだ…!」ではすまされない!

こんな人生でも生きなければならない!

こんな人生だから…って!死ねないのだから!


落ち込んで、ふてくされて…

仕事のことも…

家事も、

家族に対しての責任も、

人付き合いも…、

何もかもが適当で・・・

この数年…世の中の流れに目を伏せ、耳を塞いでいたから、気がつけば、自分にめっきり甘くなった私がいて・・

どんな時でも…

「私は、哀しい思いをしているのだから!しかたないじゃない!好きにさせて!」…って逃げてきてしまったものだから・・・

何もかもが中途半端で・・・

私の心と同じように停滞している。


だけどこの頃気になり始めて…


「人生のケジメ」というか…「人としての区切り」を付ける事を始めていかなければならないのではないか…と。

動いてみようかなぁ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。