絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

間違った選択

あの日、1月19日


15日の日、肝性脳症の昏睡状態から目覚めたあっちゃんは、相変わらず沢山の点滴に繋がれていた。それだけが生きるための綱であるかのようだった。口に入れることができたのは、噴射する水だけ(口の中や喉の渇きを潤す程度)しかし、よく話し元気だった。だから、年末から、ずっと休んでいる職場に、顔を出しておこうと思った。もしこの安定した状態が続くようであれば、職場復帰も考え、あの1月20日の朝、私は、あっちゃんの病院ではなく職場に向かって車を走らせた。


しかし、10時を過ぎた頃、娘からの電話で、急いで病院へ向かうこととなった。

病室に着いてみると、

もう…あっちゃんは、肩で息をしていた。昨日までのあっちゃんではなくなっていた。

話は…出来なかった…。


声は聞こえているようだった。


馬鹿だった!

本当に…馬鹿だった…。


仕事なんてどうでもいいのに・・

どうして行ってしまったんだろう。


と、悔やむことは、今でもしょっちゅうで…息ができなくなるほど苦しくなる…。

今考えても理解しがたい自分の行動だった。

まさか…仕事復帰しようと考えているその日に…逝ってしまうなんて…。

きっと…

一緒にいたかったんだ。


ごめんね…本当にごめんね。

人には…人生を歩み進んで行く途中、必ず人生の岐路に立たされる。

私は、間違った判断をしてしまった。生きていれば…どこかで取り返しもつこうが…。

今…また、私は人生の岐路に立っている。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。