絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

最期のサプライズ

私よりずっと…

オシャレでした。

しょっ中、自分の服や靴ばかり買っていたので、たまに・・きつく釘をさしていました。


4年前の秋…娘と結託してサプライズがありました。


「お母さんを松田聖子にしよう!」と、ワンピースにコートにブーツまでコーディネートしてくれたのです。

「自分のものばかり…」って、文句を言われるのが嫌だったのでしょう。


いえ!いえ!

それより何より…

私の喜ぶ顔が見たかったのだと思います。


その時の 服とブーツは、私があっちゃんのところへ逝く時に着ていきます。ちゃんと、遺言状に書いておくつもりです。

本当の事が言えなかった訳

私のことも…

娘のことも…

何もかも忘れて…


私と違う世界でのんびり暮らしているのだろうか…。


お腹に溜まった腹水もなくなり…

身体全体の浮腫みもなくなり…

痛さもしんどさも感じずに…

仕事の苦労も借金の悩みも…なく…


全ての苦痛から逃れることができたのだろうか。

もし…そうであったら・・

毎日…毎日安らかに過ごしているのなら…今ここに、私の傍にいないことにも諦めが・・つく…。


誰にも言わず…

きっと何年も…1人で考え、悩んでいたはずだから…「ゆっくりして」って言える。

淋しいけれど…哀しいけれど.

今…とてもとても楽ならば…。


諦めでも…いい…と。


私は、あっちゃんと違う世界で、もう少しだけ耐えてみよぅ… と。


だけど…

やっぱり悔しい…

腹も立ってくる…


いくら私がわがままで、自己中で、気分屋で、家の事もほっぽり投げて…店も手伝わなかったからって…。

突然に逝くことはないよ。

突然24時間後に死んでしまいます…なんて・・・考えられないよ。全く。


あっちゃん…言ってくれないと!


「死にそうにきついんだ」って!

言ってくれないと…。

カッコよくなくても

弱音吐いても・・

泣いても…

よかったのに…。



ごめんね。

ごめんね。

本当にごめんね。


私の前では、

いつも頼もしい王子様を演じさせて…


ごめんね…。

自分で自分を壊すな!

私は…何をそう・・・悲観することがあろうか!


夫が先に亡くなってしまい遺された私は、悲しい惨めな人間なのか…?

誰よりも可哀想な人間なのか…?


そうではあるまい!!


目を閉じて息を引き取るその瞬間まで、いや!息が止まってからも尚…彼が見詰めていたものは私だったではないか!

人が一生をかけて見つめ合う時を…

人が一生をかけて話し合う時間を…


人が一生をかけて与える愛を…私にくれたに違いないのではないか。


夫の看病はたった23日間だった。

ほどほどに…して・・・

きっと終わらせて逝ってしまったのだろう。


私が「哀しむ顔」が見たくなかったから…。


カッコいい姿しか…見せなかった…


こんなにも愛してくれた人が、

過去も今も…

これからも…私の夫であって…変わることはないのだから。