絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

話せる時が死を受け入れる時…

心の何処かで…


一人になりたい…と・・

誰も…私を知る人がいない街へ行きたいと・・そして、誰にも、

哀しみを背負って生きていることを悟られまいと・・


生きて来たはずなのに…。


心の何処かで…求めていた。


この街で、

気心が許せるような仲間ができたら、私の事を話してみよう…。あっちゃんのことも、家から飛び出して来たことも・・

何もかも…話してみよう・・


泣きながら…話してみよう・・

みんな…みんな吐き出してしまおう・・なんて…

そんな日が来ることを…心の何処かで楽しみにしていた。


自分から…この苦しいほどの「哀しみ」を話せる日が来ることを…。待っていた・・。



だけど…この頃・・違うような気がしてきた。

哀し悔しい思いは、けして共有することはないのではあるまいか。

同じ死別を経験している人とでさえも…「死別したのは誰なのか・・」対象によっても違う。

その人への想いの大きさ、

過ごした時間や、

築き上げてきたもの…よっても…

そして、

今、生きている環境によって…

随分違うのだろう…。


話すことで楽になる場合も確かにあるだろう。

だけど、今はまだ、

話すだけ惨めになりそうな気がした。


だから、やっぱりこれまでのように…元気いっぱいの私を演じて生きよう。

いつか…誰かが、

深い哀しみを背負って、私のところへ話しに来ることがあったなら、私は、共に涙を流しながら聴こう!

そして、

その時…

その時こそ…

…私の思いを話す時だ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。