絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

2分の1のわたし

時々私は以前に投稿したブログを読み返すことがあります。あっちゃんが緊急入院した日からのことを綴っているので、思い出したくもない内容もあります。目を瞑りたい事実が見えてくることもあります。

そして…わかったこともあります。

全く…

2年9ヶ月経った今も変わってないこと。


私のこころは、いつまで…こうして止まったままなのでしょうか…、。


ちょうど2年前の今頃のことです。


私は何一つ変わっていないのに・・


あっちゃんがいないというだけで何もかもが・・・全部変わってしまった様な気がしてた。

見える風景が変わった。

あれから春が来て、夏が来て秋が来た。だけど・・・これまでの春とは、夏とは、秋とは違った。


周りが変わった。

義父母が、同僚が、人が・・これまでの関わり方とは随分違うような気がする。


あれから

何もかもが変わってしまった・

・・と、 思っていた。

でも、本当は・・

本当は、

変わってしまったのは・・・

私だった。

心が半分死んでしまったから、

喜びも

嬉しさも

感動も・・・半分。


いつの間にか、

半分の人間に

なってしまっていた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。