絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

亡き夫と交信!

もう20年近くになるだろうか。

以前にも話したことがあるが、私には高コレステロールとバセドウ病の持病があり薬を服用している。


その薬が残り少ない。

今住んでいる場所で、新しくかかりつけの病院を開拓してもいいのだが、また始めから…と思うと、面倒で…。しばらく義父母にも会ってないので、せっかくの休日だったけれど、2時間高速を走らせて、「あの家」(あっちゃんと暮らしていた家)に帰ることにした。


それにしても…夏が来てすぐ冬になったような日が続いていたかと思えば、今日は、車の中に差し込む光りは暖かくて、気持ちが良かった。

それなのに、心は全く弾まない。

弾む理由もないけれど。


帰ったところで会いたい人など…

一人もいないし。


あの家に帰っても…誰もいない。



フロントガラスの左側に2人で写った写真を飾っている。その横には、ずっと持っていたあっちゃんのお守りを置いている。

ある意味…

車の中はあっちゃんとの交信場所


時には、あっちゃんの名前を連呼。

声に出して泣く。


涙で視界がぼやけた目で、左フロントガラスを見ると、おどけているあっちゃんが微かに見える。


そんな時間が持てる唯一の場所。


たまには、

声に出して泣かなくっちゃ!

たまには、

好きな人の名前呼ばなくっちゃ!


我慢しなくてもいいよ…

たまには・・・。


だって…毎日毎日…一生懸命

我慢しているじゃない!

我慢して生きているじゃない!



(車の中で…そう思ったから力いっぱい泣きました。)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。