絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

死別 伝わらない思い

ブログの中に・・


沢山の哀しみをみます。


一日中動けない日があっても…いいですよ。

親友だと思っていた友達なのに以前と同じように話せなくなった…分かりますよ。


朝から酒を飲み、残酷な日常からの逃避をする…お酒は飲みませんが…わたしも同じですよ。

本当に分からないのです。


そして…伝わらないのです。


その人が感じている哀しみは、その人にしか・・・。

ただ…人は優しいですから、いろいろな言葉で元気づけようとしてくれたり、微笑みかけてくれたりします。

悲しいことに…どんな言葉も通じない時があります。

哀しすぎて…言葉も、優しさも…何もかもが受け入れられないのです。


それが愛する人との死別なのです。


いつかは…誰もが味わう感情でしょうが・・・

本人の年齢

本人の家族構成

本人の社会的位置



そして愛情の深さ…

によって多少なりとも・・・

いや!大いに…


哀しみの意味や深さは違ってくるとは思います。


とにかく…味わわなくても良いものなら死ぬまで味わいたくない感情です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。