絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

「仮面家族」…繋がらない手と手

スープの冷めない距離にいる義父母とは、こんなにも近くにいながら、顔を見ない日も多い。理由は、私がほとんど「この家」にいる時は、外に出ないからだろう。


義父母が、私が住んでいる家に来るのは、娘が帰っている時だけだ。なっちゃんに会いに…嬉しそうにやって来る。

私が一人でいる時は、全く…来ない。

時々晩御飯の差し入れを持って来てくれる。料理上手な義母さんのおかずは本当に美味しい。


考えてみれば…あっちゃんがいた時も、娘が中学生になってからは、義父母の家にそう度々行くことはなくなった。


だから、こんなに近くにいながら、顔を合わせない日が1週間続いたりすることもある。

しかし、

リビング(我が家のリビングは2階にある。)に居て、テレビもつけずに窓を全部開けていると、外で近所の人と立ち話をしている声や2人が花壇の手入れをしている声が聞こえる。仲良し夫婦だ。羨ましい…。


2人は、84歳と79歳。

しっかり者で社交的な義母。

今でも近くの小学校のパトロール隊の一員として活躍している義父。

この2人に感謝こそすれ、恨みなんて全くない。だけど…どうしてだろう。あっちゃんが居た時から、ずっと私は、2人とは一線を引いた関係だった。

甘えることなんて絶対しないし、お願いもしたことがない。

あっちゃんがいなくなってから、その「一線」は、より太いものとなり、いくら哀しくても、辛くても…寂しくても・・泣き言一つ…言わない。


だから…スープの冷めない距離にいても…2人の前では、泣けない。

泣けないから…

「辛い…」って言えないから…


会いに行かない。


薄情な…鬼嫁・・・。

義父母の寂しさも分かってはいるが…

優しくしてあげたいけれど…

優しく…してあげられない…。


ただ、

2人とも元気だし。私はその事に感謝している。どちらかが病気になったら、大手を振って出て行けやしない。


大好きになれなくて…申し訳ないと思っている。嫁として何も出来なかったことに・・

もしかしたら、

あっちゃんが生きていて、これから2人のお世話や看病などをするうちに、好きになっていったのかもしれない。

共に過ごす時間が増えることで…

引かれていた「一線」が、「点線」になり、近づけたかもしれない。


あっちゃんが…いたら・・・


家族になれたはずだ…。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。