絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

病名のない病

暑くて…何もしたくないから・・

帰宅途中にあるほっかほっか亭に寄って帰る事にした。

「のりから弁当お願いします。」

「400円になります。」

番号札を受け取り待っているところへ。

70代⁉︎の御夫婦が来店され、

「穴子天ぷら・しらす弁当を2つ」

出来上がるまで、隣のお店に行って来ると、支払いを済ませ出て行った。


旦那さんの後に一、二歩下がって奥さんが歩いて着いていく。

私は、二人の後ろ姿をチラッと…見た。ともに年を重ね、ともに歩幅を合わせて歩いている姿が羨ましくて…チラッと・・と、だけ見た。

長寿国だから…やたらと目に入ってくる。

喜ばしいことだが…ふっと目を背けてしまう。

そう言えば…あっちゃんが死んでしまってから…


見たくないもの…

聞きたくないこと…

したくないこと…が増えてしまった。私はいつの間にか随分消極的になってしまっていた。人生の半分以上の楽しみがなくなった訳だから仕方もないが…。

今私は、本当に静かに生きている。まさに…早すぎる老後生活のようだ。情けない…。

後どのくらい…こんな生き方をしなければならないのだろう。

この「病名のない病」を克服できる時は、永遠に来ないような気がする。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。