絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

お母様…突然に早過ぎます。

〇〇君と娘にとって…親との死別は、早すぎます。

あまりにも…早過ぎると思います。


これから自分の生きる姿をもっと見せたいと思っていたでしょう。それと同時に、我が子の成長する姿を見せ、一緒に笑い合いたいとも思っていたでしょう。そんな〇〇君な気持ちを察するだけでも…胸が詰まる思いです。


母親を亡くした寂しさ哀しみにくれる〇〇君のことも、

妻を亡くし、悲壮感と悔しさを感じているお父様のことも、


そして、どうせなら一生感じなくてもいい感情に支配されている2人の姿を側で見ている娘の気持ちも・・痛いほどよく分かります。


しかし、〇〇君!

私が、あっちゃんと娘に救われたように、愛する自分の家族にいつか必ず救われます。


一番辛いのは、お父様です。

2人で居るはずの場所が…1人に…

2人で過ごす時間が…1人に…。

毎日語り合った人が、

毎日側にいた人が、

突然いなくなったのですから。

未来が消えたようなものです。

どうか…しっかり、

お父様に寄り添ってあげて下さい。


そして、及ばずながら・・

私も娘も、十分に〇〇君の心に寄り添えることができます。だから安心して何でも話して下さい。

それから、母として…お願いです。

〇〇君!

今感じている思いを、なっちゃんや娘にけして、させないように…身体に気をつけて下さい。仕事はほどほどにしましょうね。

ご家族の皆さん、そしてお父様に、


くれぐれもよろしく伝えて下さい。


(娘婿の大らかで、肝っ玉母ちゃんのようなお母様が永眠してしまいました。まだ、58歳でした。)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。