絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

まだまだ暑い…今日という日。

仕事帰りに必ず立ち寄る娘のアパート…。

ドアホンを鳴らすと、娘となっちゃんが笑顔で迎い入れてくれる。


「ただいまー」って、笑顔で答える。まだ、3日目だから大した仕事はしていない。だから5時半には帰れる。


「ただいまー」なんて…何年ぶりに言っただろう。

しかも、

陽がまだこんなにも高いうちに帰れるなんて…こんなに嬉しいことはない。何故なら、まだまだ「今日」の残りの時間が楽しめる。まだ、「今日」が沢山残っているのだ。

以前の仕事からは考えられない…夢のような余暇だ。


帰りついてしばらくすると、なっちゃんの晩御飯の時間になる。

いつの間にか…

晩御飯を食べさせるのは、私の仕事となっていた。

それが、

今一番の楽しみで・・・

私の顔が一番ほころぶ時。


今日は、有名なメロンパン屋さんに寄って、なっちゃんが大好きなパンを買って帰った。

明日のお土産は何にしようかな。


待ってくれている人がいるって…

本当に嬉しい…。

再出発…でも、何か足りない。

朝が来て…夜が来て…また朝が来た。今日…私は一歩を踏み出した。


アパートの台所は料理が作れる広さではなかった。それでも土曜日、朝からカレーを作った。お昼は、娘を呼んで2人で食べた。お皿がなくて、ボールをカレー皿代わりにして食べた。その日の夜は一人で食べた。次の日の昼も…そして、夜もカレーを一人で食べた。


泣きながら…食べていた。

美味しかったけれど、寂しい味がした。何かが…物足りない・・・。そんな感じが、

ずっと…ズッとしてる…。

いつもいつも…何か物足りない…。

そんな中で生きている。


仕方なく…。


今日から仕事が始まった。

私のことを知らない職員は、なぜ違う県に来て、一人でアパートを借りて仕事をしているのか…疑問に思うのだろう。容赦無く…ぐいぐい聞いてくる。

手短に…話す。


絶句・・・


ひと呼吸おいて、

「職員の皆さんには失礼極まりない事かもしれませんが、仕事は私のリハビリと考えています。仕事を通して私自身が楽しもうと思っているのです。」と、答えた。


少し…納得…⁉︎

午後5時15分

勤務終了。久しぶりの満足感と疲労感。

続けて やってみよう。

目をつむって逃げてばかりいないで・・・向かって行こう。今そう思っている。

あ〜ぁ。

あっちゃんがいてくれたら…バリバリ頑張れるのに…と、つい思ってしまう…。

もう…ひと花咲かせてみよう。

残りの人生・・・

もう…ひと花咲かせてみようか…。


違う場所に来て、

あっちゃんと暮らした家を離れて、

誰も知る人のいない所へ

(娘家族だけ…近くにいます。)

初めての職種を、

全くの面識もない人達の中へ、

飛び込んだのは、


もう…ひと花咲かせるため・・・


テレビに出るようなスターになりたい訳じゃない。

お金を稼いでお金持ちになりたい訳でもない。

仕事に専念し、キャリアウーマンになりたい訳でもない。


私の…考える「ひと花」は…

「笑い」たい…。

ただ…

昔のように「笑いたい」だけ…。


娘達と…

そして、これから出会う人達と…

微笑みの「花を咲かせたい」ということ。