絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

お帰り…の声が聞こえたら…

2ヶ月ぶりに家に帰った。

有難いことにお義母さんが、たまに窓を開けてくれたり掃除してくれたり…していたらしく、カビ臭い匂いがすることもなく・・・以前と全く変わらない空間がそこにあった。


ただ…

やっぱりそこにあっちゃんは居なかった。

どこにもいなかった。

「おかえり…。今回はゆっくりじゃったのぅ。」って後ろを振り向いて言ってくれたらどんなに嬉しいことだろうか…。

それでもいつもの癖で、

「あっちゃん…ただいま」とドアを開ける度に声に出した。虚しいものだ。返ってくるものは何もない。

見えないだけで・・・

「きっとここに…いつもの場所に座っているのだろぅ…」

・・・そぅ思うことにした。


家に着く前に、お墓に参った。お墓に行く時は、いつも白菊二本とお酒を持って行く。

でも今回はお酒…は、止めた。大好きなお酒を呑んで嬉しそうにしているあっちゃんもいいけど、健康な体あってのことでしょ!

今更…遅いけれど・・

今回は、我慢してもらった。


食事は、義父母の家(同じ敷地内の東側にある)で、ご馳走になった。


お義母さんがおでんを作って待っていてくれた。昼も、夜も、そのおでんをいただいた。お義父さんは、上機嫌でお酒をお代わりしていた。

「一杯だけよ。」と言うお義母さんの声も聞こえないらしく…、「今日は美味しいんよのぅ。」と言って、「もう…一杯」と催促していた。

嫁の、しかも鬼嫁の私でも、食卓を共にする人がいることが、やっぱり嬉しいのだろう。お酒も美味しく感じるのだろう…!


申し訳ないけれど…

ここにいるのが私で…

だけど、少し私も嬉しくなった。


私の横に息子である「あっちゃん」がいたら…と考えると、

2ヶ月見ない間にまた年老いたお義父さんが本当に可哀想に思えた。


親より先に逝くなんて…


あってはならないことだよ…

恐ろしいものは…何もない!

勢いよく窓を叩く雨…

何もかもを吹き飛ばしてしまいそうなほどの風の唸り…


今日は、もう…4度目。

緊急速報を知らせる警笛音。

小さな部屋に響く。


でも…不思議。

少しも恐ろしくない。


この荒れ狂う風に乗って、あっちゃんがいるところへ逝けるなら…それも、また素敵ではないか…。

絶望の淵から生還できない理由

「さとみ…」


「さとみ・・」


肝性脳症で、意識レベル3(ほとんど眠った状態。しかし、外的刺激に対しては反応する。)のあっちゃんが私の名前を呼んだ。


「あっちゃん…」

思わずあっちゃんの頬を両手で包み「私のこと分かる?」って聞いた。


「さとみ…」って言った。


普段は名前で呼ぶことはない。私がジュゴンのように大きくて、態度もデカイから私を呼ぶ時は、いつも…

「ゴン」(ジュゴンのゴン)だった。

あの時…伝えたいことがあったのではなかろうか・・・と、折にふれ考える。考えては悔やむ。


そんな日が、ずっと続いている。


私は今でも…2015年1月15日

肝性脳症5レベルの状態から抜け出そうとしていたあっちゃんが、ゆっくり呼んだ…

「さ・と…み」…と

言う声を忘れないでいる。その声を思い出す度に胸が締めつけられるような気がする。


そして…もう1つ。

まだ、肝性脳症の症状も出ていない1月4日の日に届いたメール…。

12月31日「24時間の余命宣告」を受けながら、お正月の三が日をドキドキしながら過ごした。

その翌日…届いたメールだ。


毎日毎日病室に一緒にいるのに届いた…

「意味不明なメール」


寂しげで…

哀しげで…

今にも消え入りそうな弱さを感じながらも・・・

伝えたい…伝えなくては・・という強い意思も感じる。


「ゴン…」・・・と。


ただそれだけの…メール


まさか…死んでしまうなんて思わないから…

こんなにも直ぐにさよならするなんて考えもしなかったから…

気になりながらも…やり過ごしてしまった…私の落ち度。


彼はいつも聞き役だった。

私はいつも言いたい事だけ言って、彼の気持ちは、本心は・・・聞く事をしなかったように思う。


だから彼は、自分の病気のことも借金のことも『死んでも口にすることがなかった』のではあるまいか。

「私の人生最大の罪」


本当は心細くて、私に泣き付きたかったに違いないのに…。


これが…なかなか絶望の淵から生還出来ない理由。

秋の夜長に…また聞こえてくる…


「さ…と・・み」って

あっちゃんの声が…。