絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

遺された者の義務

私がしたい事ではなくて…


私がこれからしなくてはならない事は、後どれくらい残っているのだろうか。


先ずは、あっちゃんの半分の遺骨の納骨…。

次に、あの家の中の物の処分であったり片付けであったり…。

そして、あっちゃんの遺品の片付けも…

それから…それから・・


それから…何があるのだろう。


考えてみれば、

私がしなくてはならないことのほとんどは、大切なものを「手放す」ことだ。


死別とは…こういうことか・・・。


そういうことなんだ。


一つ一つ…私の元からなくなってしまい…いつかは何もなくなり…ただ想い出だけが遺る。

そういうことなんだ。


それでいいのかもしれない。


確か…ずっとずっと前に、娘から言われた。

「生きることは、諦めることだ」って。


完全に自分の人生は諦めているよ。

あっちゃんが、私がいる世の中に帰って来ないことにも諦めがついている。


だけど…


動けない…


今・・2人で暮らした家に居ないから…仕方がないけれど…何もできない。いや!何もしたくない私がいて、この状況を作り出しているのだろう。いつかは、私のこの両手に余るくらいのものしか…なくなって…

生きていくのだろう…

死別…とは・・

仕事を辞めたら…

家族以外の人達との交流を止めたら…

生きてはいけないのだろうか・・。


人は一人では生きられないと…皆・・口を揃えて言う。


本当にそうだろうか…。


人から見える苦しみと・・・

人から見えない苦しみとがある。


死別は、後者の方だろう。

誰からも…

優しく差し出される手を掴むことはできない。

結局…自分の中にしか解決方法はないから…。


私は感じないのだと思う。


きっと…本当は、私の周りの人は、私に気を遣い、私の支えになっているにもかかわらず…私はまるで一人で…立ち向かい生きているような気がしてならない。


一人で生きているような…気がしてならない。

私の願い

目の前にいて…

触れたい時には手を伸ばし…

その温もりを感じて…


喜びも悲しみも分かち合い…


「お前百まで!わしゃ99まで」


相手に先立たれることによって淋しい思いをしたくないから自分より先に死なないで欲しいという願い。


また夫婦が一緒に最期を迎えよう…という思いが込められているこの言葉のように…。


「ともに白髪の生えるまで」


共に生きていたかった。


だけど…

どこで、道を間違えたか分からないが、これから先、一緒にいた時間よりも一人で過ごす時間の方が長いのかもしれないと…考えると、


いやいや!

あっちゃんの世界に逝っても、私のことが分からなくなる前に、

お婆さんになる前に…


そんなに年が離れないうちに…

母親として、もういい!っと見極められたら…


あっちゃんの世界へ

逝かせて下さい。


あっちゃんが私だとわかるうちに…


それまでは、しっかりこの世の中で働きますから…。