絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

あっちゃんの代わりに…

結婚してから、私の人生の羅針盤はあっちゃんであったと・・・話したことがある。


岐路に立った時

迷った時、結論を出す時…

私の心では決まっていたとしても、必ずあっちゃんの考えを聞いた。

あっちゃんの一言は、私の次の行動を起こす為のスイッチだった。

信頼していた。


大げさに話すことも多かったけれど彼の話には夢や希望があった。

人が喜ぶ顔を見るのが好きだったから。

優しい人だった。

私に対してだけではない。

誰に対しても・・・。


ある日…

となり町で山火事が起こった。

3日目燃え続けた。それを知ったあっちゃんは、自分のコンビニで売っいるおにぎりとサンドイッチやパンを全て買い取り、不眠不休で消防団として活動している友達の所(火災現場)へ持って行った。次の日も…また、次の日も。


同県にあるコンビニが、大雨のため被害にあったことを聞けば、直ぐに駆けつけた。


友達が県会議員に立候補すると、仕事が終わるとすぐに事務所に行き、必死になって応援、手伝いをした。

母は生前、この世は修行だと言った。

まさに人が80年かかって終わらせるはずの修行を、人よりもかなり短い時間で終結させたのだろうか…。


ゆっくりでよかったのに…。

そうして…

私の人生の羅針盤はなくなった。


そう思っていた・・・。

だけどこの頃…

少し灯りが見える時がある。


それは、まだ…私の足元を照らしては消え…消えては照らすほどの薄明かり。

少しでも明るい場所へ、進むべき場所へと誘ってくれる灯台のような灯りが…。

いつからか・・・

娘たちが少し離れた場所から、

灯りがを差しかけてくれていた。


それを今…少し感じる。


ありがとう…でも・・


まだまだ…一人で歩けるから…。

最期のプレゼント

今日は…もう必要のない・・

私の誕生日…です。


去年の今日は…沖縄にいました。


今年は…何と宿直で寮で泊まりです。


来年は…何処にいるのでしょう…。


あっちゃんは、新婚時代の3年間は、毎年バックをプレゼントしてくれました。

(少しのろけさせていただきます)


1年目は、グッチ。

2年目は、セリーヌ。

3年目は、バレンチノでした。

私は、ブランドには全く興味がなく… 恥ずかしながらその名前も知りませんでした。

街中を走る車から見えるブランド商品の看板・・を見て…

「ディオールのDior」を、

「ディアー」と読み、あっちゃんがいつも笑っていました。

それでも良い品物は長持ちすると言いプレゼントしてくれました。


結婚して数年経つと…

いつのまにか・・

「今日、私の誕生日なんだけど・・」と言うと、そうだったね!と返すだけになったけれど、

結婚5年目にはルビーの指輪を…

結婚10年目には、スィートテンダイアモンドを…

それから、気が向いた時の誕生日には、ネックレスを… いただきました。


そうそう!私が大好きなガーナのチョコと黒糖饅頭だった年もありました。もしかしたら…今までの中で私が一番反応よく喜んだかもしれません。

本当にダンディで優しい夫でした。

それなのに私は…

いくら考えても彼の誕生日に、彼にプレゼントした記憶がありません。

全く…ないのです。本当に。

財布が別々の夫婦でしたから、お小遣いをあげた事があったかもしれませんが…。



そして、あっちゃんがいなくなって4回目の誕生日!


彼は最期に私に「自由」をプレゼントしてくれました。

今…思う事があるのです。

あっちゃんは、病に倒れましたが、長い闘病生活を送ることがありませんでした。きっと私を頼りながらも、私に看病を長く続けさせることを自ら拒んだ様な気がするのです。


今、こうして・・


娘の近くで微力ながらも孫の世話ができる環境をあっちゃんが最期に私に与えてくれたプレゼントではないかと思うのです。


俺はいい!

お前は娘のところへ行け!

俺のことより娘のための力になれ!


俺のことはいいから…って声が聞こえてきそうな気がするのです。


今のこの生き方は、あっちゃんからのプレゼントだと思って生きていこうと思います。

言えない・・本心

近い将来…お母さんはどうしたい?


ドキッ・・・


娘からの言葉だった。


私はどうしたいんだろう?

誰と…

どこで…

何をして…生きたいのだろう。


全く考えていない…

・・・に近い。

いや!考えられない。


今こうして生きている事…事態が・・私にとってみれば不服の何ものでもない。

全く見当外れで、想定外の生き方なのだから。


近い将来…どうしていたい…?


あっちゃんのところに逝って、なーんも考えずに生きたい。


これが・・・言えない…本心…。