絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

祥月命日

1月20日…

あっちゃんの心と身体が楽になった日。


また少し近づいた…。


あっちゃんに会える日が・・・

最期の会話そして…始まり…

3年前の今日は、まさか…

最期の日になるとは思わないから…


「明日・・・また来るね。」って別れた。


それが最期だった。


会えないことを

話せないことを

抱きしめられないことを…


「受け入れよう」…と、「死」を…

これまで何度も試みたけれど

やっばり無理だった…。


「過去にしがみついているだけの私」そうすることが、あっちゃんの供養であり、そうしていることが本当の自分でいられると…極く自然なことだと思っているから、

今でも私の心は、過去に置き去りのまま…

つい…

あの頃は…って・・

生きていたら・・って…

明日で…3年…。


あっちゃんは、1月9日から肝性脳症の症状が重くなり、すべての刺激に対して反応しなくなっていた。その状態は、1月14日まで続いた。

しかし、15日には、大好きな永ちゃんの曲を聞き、口ずさむまでになり次の日には、会話ができるまで回復していった。


まさか・・すぐそこに…「死」が近づいているなんて思いもしなかった・・・

ほら、また…私が、

過去へと…。


「哀しんで」過ごしても…一年

「苦しんで」過ごしても…一年

「人を羨んで」過ごしても…一年

「泣いて」過ごしても…一年

「心閉ざして」過ごしても…一年

明日からまた…一年・・どうして過ごそう…

1月20日が、私にとって本当の一年の始まり。

私の…こ こ ろ…動いておくれ!


(あっちゃんを亡くした

一年前の私の心とコラボ)

自画自賛

もうすぐ…3年・・・


毎日眠る時…

「あっちゃん…おやすみ」って遺影に向かって一言。


今も時々、本当に死んでしまったのだろうか?と思うことがある。目が覚めたら…「夢でした!」ってならないかと思いながら眠った日数は、もう…1000回を超したのかっ・・。


よく我慢したよ。


褒めてくれる人がいないから自分で自分を褒めてみる。


よく頑張ったよ。


愛する人の死…。

心臓をえぐり取られるような思いに苦しんでいた。

そんな哀しみの絶頂にある中…突然知らされた借金問題。

コンビニ契約上の問題も浮上し、弁護士を雇うまでに・・・

哀しみと怒りで…おかしくなりそうだった。


心も体も…。


本当に…

よく立ち向かったよ。


人生の大…大どんでん返し…


あれから…3年


よく耐えてきたよ。


神様なんて…信じていないけれど、とことんまで絶望の底に引きずり落として・・

神様は、「その人が克服できない試練は与えない。」なんて…いい加減なものだよ。


肝性脳症マックスの症状から目覚めた3年前の1月15日。大きく膨れあがった身体を苦痛に感じることがないのか…もう感じる事さえ出来なくなっていたのか・・・何一つ…

「痛い」とか…

「しんどい」とか不平不満を言うこともなく…


息をひきとる最後の最期まで…いつも通りに…

言葉少なめだったけれど…おしゃべりしていた。


あれから…3年・・・


愛しい哀しみの中で…


よく…生きてきたよ・・。


もうすぐ…3年…。