絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

私が1番可哀想…

いつからだろう…

私は、

「私が可哀想で…」で泣いていた。


始めは、

あっちゃんが、

「どんなに無念だっただろうか…」

「やりたい事沢山あっただろうに…」

「体も心もしんどかっただろう…」

「娘にも会えない…可哀想に…」

・・・・って泣いていた。


でも・・

もう絶対に会いたくても会えなくて、

触れられなくて、

声が聞けなくて、


辛いことがあっても

慰めてもらえなくて、

一緒にどこにも行けなくて、


1番私を分かってくれていた人が、

1番私を必要としてくれていた人が、

1番近くにいて、

1番時間を共有した人が、


突然いなくなってしまった・・


私が、1番可哀想で、

涙が…今日も溢れる。

独りぼっちの心地良さ

行き交う人の波…

どうして… こんなにも人が多いのだろう。

流石… 大阪・・・。

しかし、こんなに人がいるのに、ごちゃごちゃしているのに、この解放感は何なのだろうか… 。

知り合いがいない…

私の素性を知っている人がいない…

誰もいない… って…

寂しいことなのではないのか…

私は、誰もいない事に… 「独り」を悲しむどころか、その何の接触もない空間に心地良ささえ感じているようだった。


行き交う人の流れをのんびり眺めていた。


自分の過去を全て消し去り、何もなかったかのように、あの人波に紛れて歩いてみようか… なんて考えていた。


6日ぶりに家に向かって…

誰も待っていない… 家に帰る。

結婚記念日が月命日

今年の結婚記念日も…


やっぱり帰ってこないよね…



今日は…娘夫妻も結婚記念日。


みんなで一緒にお祝いしようと、同じ4月20日に入籍したのに・・

結局…1度も一緒に祝えなかった。


毎年4月20日は、

結婚記念日じゃなくて、

月命日になってしまった…


いつも…いつも…

会いたい…