絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

永遠に…人生落ちこぼれ・・

沖縄に何を求めて来たのだろう…


実は…

ここを私の新しい居場所にしようと考えている。

誰も知る人のいない所で…

綺麗な海が毎日見られる所で…

気さくに話ができる・・お酒片手に腹の底から語れる人達がいそうな所で…

あっちゃんとの思い出が多い所で…

新しい人生を始めてみたいと思った。

分からないだろうなぁ。誰も・・


2人で築き上げた家だけど…誰も居なくなった家に居ることの喪失感。

のしかかってくるような重圧感・自分の人生への責任感。そしてもう一つ、義父母に対する複雑な思いで苦しくなる。

そんな毎日を過ごしていたら、

私は…もう・・・

あっちゃんの居ない…あの家には居られない…と

・・・この2年間で…そう感じた。



そこで今回…あっちゃんを1番感じる街・沖縄へ来て確かめてみた。

しかし…

期待通りにはいかないものだ。

何処へ行っても・・


ただ…思い出すと涙が出てしまい…、その思い出が…まだ「哀しくて…」しかたないのだ。

この街で暮らせるかは分からない。

ただ…自然の中で・・

人のことなど気にしないで・・


それだけでもいいかも…

しかし…沖縄へ来ても…

私が…「本当にひとりになった」ことを・・・

痛切に感じてしまった…。

ジンベイザメが並んで…

2人の思い出が多い沖縄だったから…

海を見たら…

空を見上げたら…

いつも・・・

涙が溢れ出るだろうと思っていた。


しかし…


オーシャンビューのベランダに座って考えていることは、あっちゃんのことではなかった。

今…そばにいる愛しい人達のことを考えていた。


こうして…

会いたくても会えないことを…

一緒にいたくても、できないことを…

その「哀しみ」を繰り返し実感し続けることで…

この…なんとも言えない気持ちが「諦め」に変わっていくのだろうか…


それを優しく…自然と・・・

受け止められる日が

くるのだろうか…

孤独

夫婦と小さな子供たち…


沖縄の長期滞在のためのホテルでは、そんな家族構成が良く似合う。



この輝かしい光のどこかで…涙している者がいようとは、誰が思うものか…


この美しい海の色が

哀しみを増してしまう。