絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

思いを馳せることに疲れた…

今日の休みは、ずっと空を見上げて過ごした。

それは…

空の…空のずっと高いところにあっちゃんがいると信じて過ごして来たから。

特に、この街へ来てからは、お墓に直ぐには行けないし、元々お墓にあっちゃんがいるとは思っていないし…。


私にとって空はあっちゃんだった。

土の下でじっとしているはずのないあっちゃんは、あっち行ってベラベラ…こっち来てベラベラ…右手に缶ビールを持ってフラフラしてるに決まっている。

だから、

私は…

何かを思う時、いつも下を向かずに見上げた。

そこには必ず空がある。

そして、

いつしか…

あっちゃんは空になっていた。

ずっと…

空を見て過ごした。

私も、そろそろ・・・一通り…生きてきたと思うから…

例え今、人生を終わらせる事になっても悔いはない。

・・・ないと思う。


のんびり…フラフラ・・・

遺していった愛する者達を上から眺めるのも悪くないだろう…そんな事を思いながら空を見ていた。

正直…

思い馳せることに少し疲れました。

三姉妹…人生いろいろ

ずっと降り続ける雨音を聞いて…眠れない夜を過ごしていた。この頃、入眠剤がないとなかなか寝付けない。

そんな時、

姉から、グループラインが届いた。私達三姉妹は本当に仲が良い。(そう思っているのは私だけかもしれないが )

女組のライングループがある。

姉と二人の娘

私と娘

妹と娘 計7人


なんでもつうつう‼️


旦那はおいて!

そっちのけで・・・


子ども達と私達三人で旅行にもよく行った。娘達が大学生や社会人なると海外へと足を伸ばした。


「今度はどこにする?」

それが、会う時の合言葉のようになっていた。

でも…今・・・


その合言葉に力を感じなくなった。


イマイチ…のる気がしない。盛り上がらない。

それもそのはず…

姉は今…次女の産後のお手伝いで忙しい。

妹は、リュウマチ治療の為の注射の二本目が終わり、その効果待ち。


私と言えば、あの日から…なんか・・・のらりくらり。覇気がない!


そんな折…のラインメール…。



今日も1日過ぎようとしています☺明日も変わらない日でありますように😊


涙が出た…。

哀しくなった。

明日も…変わらない日でありますように…と…あった。


変わらない日が…平凡な日常が一番幸せであると…言っていた。

明日も…。

今日は幸せだったんだ!!


姉を羨ましく思った…。

人間なんて…

まさか…死ぬなんて…


本当に死んでしまうなんて…思わなかったから…

丸々太ったお腹を叩いた。


食べ過ぎ…飲み過ぎ…

みっともないからそのお腹どうにかして…とも言った。


まさか…腹水なんで思ってもいないから。


しんどかったと思う。

急激の体重増加に心臓も悲鳴をあげていたに違いない。


でも…あっちゃんは、

よく食べ、よく飲んで、よく楽しみ、よく喋り、よく笑った。


大きな大きなお腹を叩いてみておどけてみせた。

痛いなんて…

辛いなんて…一言も言わないで…


自分で食べすぎだと笑った。


そんな楽しくて明るくてどこも悪いところなんかないように見えたのに…


人間なんて…こんなにもあっけないものかと思った。

人間なんて…