絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

死ぬまでにする事!

一日…引きこもっていました。

そうしたら…考えることといったら…

なんで…

どうして…って・・・


何故…こんな生活になってしまったの・・・

そんなことばかりで・・



他にもっと楽しい、建設的なことはないものかと…。

悲しくなるくらい自分の人生を悔む事ばかりしか浮かんでこなくて…。


情け無いです。だから…


死ぬまでに10個やりたい事!果たしたい事をあげてみようと考えました。


死ぬまでにすること 〜10〜


①・歌を作る。

②・本を作る。

③・娘夫婦とハワイに行く

④・大親友のつっちゃんと旅行する

⑤・串屋でお酒を飲む

⑥・「死別」と題して講演をする。

⑦・ダイエット成功

⑧・三姉妹で旅行に行く

⑨・納骨堂を購入(あっちゃんの

半分の遺骨をいれる。)

⑩・マンションを買う


①の歌は一つは出来上がっています。作詞作曲は私です。曲名は…

「なっちゃんのおじいちゃん」

ボーカルは、私と娘です。

ハモレます。

でも…できればキロロに歌ってほしいです。


②の本は、このブログを編集し直し作り変えたいと思っています。


⑤は簡単そうですが、問題は誰と呑むかです。優しいお酒を語り合いながら頂きたいのです。私がお勧めするとても美味しい串やさんで。

③④⑧は、それぞれの事情がありますから話し合いながら決めていこうと思います。⑧の予定は今年中に2個入っています。


⑥は本が出来たり、執筆活動を始められるように、私の心が落ち着き出したら、是非やってみたいことです。私の思いと、同じ思いをされている人に伝えたいこと…優しく包んで差し上げたいこと・・言葉にして表してみたいです。


⑨⑩遠くない将来に、私の最後の居場所が決定したら行動を起こします。それには、義父母の事、家・土地の事、娘夫婦の事も私一人で勝手に決められないこともあるのでまだ熟考期間です。


最後に⑦は、私の永遠のテーマです。頑張ります!としか言えません!


あっちゃんが生きていたら…素敵なワクワクする10個の項目が並んだ事でしょう。本当に残念で仕方ありません。

愛おしさが、益々膨らんで…

泣くことも以前と比べて…随分少なくなった。それは、けして哀しみが薄れた訳じゃなくて。

哀しみが、「愛おしさ」に少しずつ変わっているからだとこの頃感じる。


彼が倒れる2日前… 虫の知らせだったのだろう。急に彼のことが気になって…


「今日、背中流してあげるから…」って…結婚してから随分言っていない台詞を言った。

店に行く前にお風呂に入るあっちゃんに… 何か見えない力が.私にそう…言わせていた。


次の日も…そう…言った。

「背中…流してあげる…」


愛おしくて…

愛おしくて… まるで恋をしている様だった。あっちゃんに…。


愛おしくて…


だけど。その恋は少し違っていた。

熱く…赤く…ドキドキする愛ではなくて・・


今ここで手放したら…もう手の届かないところへ行ってしまう様な切ない愛を…あっちゃんに感じた。

消えてなくなりそうな愛を… 私は感じていた。

あの時…あっちゃんは私に…きっと「さよなら」を言っていたのだろう…とも思う。


私はただ…愛おしくて…

不思議な空気が流れているようだった。きっと…私も感じていたのだ。


明日も一緒にお風呂に入ろうね!って約束した。


だけど…その次の日緊急入院。彼はもう二度とお風呂に入ることはなかった。


今…また…あっちゃんのことが愛おしくてたまらない。

どうしてだろう。


頬ずりして…

ぎゅーって抱きしめたい。

会えないから…愛おしいのだろう。


もう一度…

あっちゃんに出会いたい!

始めからやり直したい。


恋の始まりから…、

死にたい訳ではないけれど…

いつまで続くのだろう。

この・・なんとも言えない無気力状態にも似た毎日が…


木々の葉は大きく広がり日に日に生命力を蓄え力強く美しい新緑の季節を迎えている。

両手を力一杯広げて…


これから始まる…そんな予感がする。

それなのに.


私は、もう既に・・・

人生をやり終えた…感で一杯だ。

死にたい訳じゃないけれど…

生きたい訳でもなく・・・


ただ何事にも逆らわず、なるがままに…

可もなく不可もなく生きている。


こんなので…いいのだろうか・・



清々しい朝を迎えたことなど、あれから一日もない。