絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

私は100まで生きるかも…

喧嘩をしたことがない。


喧嘩にならない…と言った方が…


彼は、絶対に…。

絶好の絶対に100%言い返えすことがないから。


多分腹の底は煮えくりかえっていたと思う。悔しくて、なぐってやろうか!とも思ったに違いない…

私ならば…そう思う。


だけど…彼は、黙って聞くか…

怒っている私を笑わせて…

チャンチャン!って終わらせるか…

そのどちらかだった。

持論ばかり並び立て、興奮気味に話している自分が少し恥ずかしくなって、私から謝る事も多かった。いつもは自然に仲直りだけど…。


「さっきは言い過ぎてごめん」って…


彼はどこ吹く風で…気にもしていない素振りを見せた。


彼とは喧嘩にならなかった。

私は、きっと彼との結婚生活で私の持っているほぼ全ての醜態をさらし…怒り、泣き…笑い…したであろう。しかし、私は彼の「醜い姿」を見た事がないような気がする。

彼は最期の最期まで見せなかった。

腹が立った時の怒鳴り声…

罵倒する言葉…

助けて欲しい時の悲痛な叫び声…


一切聞いた事がない。見た事がない!

そんな人だから…

早く逝ってしまったのかもしれない…全てを自分の胸に秘めて…


ならば、私は・・・

そんなに生きたくないけれど100まで生きられるかも…。


怖くなる!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。