絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

防衛本能…自分のことは消した!

涙もろい私が…

前のように泣かなくなった。もちろん哀しみが癒えたからではない。


泣けば…泣くほど哀しくなるから…我慢しているだけ。

ただあっちゃんを想わない日はない。

今でも…気を抜いていると、意味もなく涙が溢れる。

「泣くのはよそう…」と自覚していないと、いくらでも涙が出てしまう。まだまだこんな状態なのだ。


3年経とうが、多分5年…10年経とうが、私はきっとこんな状態で生きていくのだろう。

そんな私の心の状態を知らない人は、「義香さんはめっちゃ面白い…」って褒められているのか、けなされているのかわからないけれど…そう言う。相変わらず私は女優…!?


演じることが上手いようだ。

だけど…実は、これも本来の私の姿であることには間違いない。私だって、泣いてばかりはいられない。

大好きなガーナチョコは毎日でも食べたくなるし、なっちゃんに会ったら最高のニコニコ笑顔も出る。

現実から少しだけ目を背けることも、泣きたくなったら泣くばかりでなく笑うことも…必要なのだ。

そして…

私はいつの頃からか…

自分のことは…語らなくなったことも…・・。


自然とできた防衛規制だ。

負の感情、気持ちを安定した状態に保つために発生する心理的な作用だ。

そして、もう一つ細かく言うならば、防衛規制の中の「逃避」。

現実逃避が、あの日以来ずっと…続いているのかもしれない。


しばらくは現実逃避のまま暮らそうと思う。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。