絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

あなたがいないから…

3年前のあの日に…天と地がひっくり返った。

哀しみの中で…もがき苦しんだ日がどのくらい続いただろう。(もちろん…今でも…)

あっちゃんの仕事の事…

コンビニとの契約…解除

借金・・・

知らされてなかった沢山の問題に…

しなければならないことが山ほどあった。本当の哀しみに向かい合うことができないほど悩んだし、愛おしいあっちゃんに対しても憤りを覚えた。気が変になりそうだった。


しかし…

そんな…時でも・・時間は何事もないかのように過ぎていった。

少しずつ解決の糸口が見つかり…安堵していったが、それに反比例するように…愛おしい人を亡くしてしまった哀しみが…苦しみが…また込み上げ…新たな苦しみを生んだ。


一時として…気持ちが静まり落ち着く事はなかった。ずっと…。

それでも…

一年経ち二年経ち…

何かがひとひらずつ剥がれていくかのように、ゆっくり音も立てずに変わっていき始めた。

住む所が変わった。

仕事が変わるし、

生活リズムが変わった。

人との付き合いも、付き合い方

変わった。


家族の形すら変ってしまって…


見る物も

聞くことにしても…

私の考え方も少し…


・・・変わった。

これからも…

変わり続けるのだろうか。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。