絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

裏切り=思いやり?

あっちゃんの最大の裏切りは…

私を一人にして…こんなにも早く突然に死んでしまったこと・・・。


そして、

仕事のこと…

病気のこと…

多額の借金…

全く話さず…死ぬまで・・・いえ、死んでしまってからも…


黙っていたこと・・・。

突然知らされた本当の事。「哀しみ」よりも「怒り」の方が大きくなった時期があった。


「夫婦なら、苦しみや悲しみは分け合おうよ!」

いつも考える…結論は出ないけれど。

あっちゃんに問いかけてみる。


言おうとしたタイミングはなかったのか!


自分でどうにかなるって思っていたのか!


何故そんなにも大きな悩み・苦しみを一人で背負おうと思ったのか!


私には…言えなかった・・のかっと…。


でも…この頃・・・


全てを知ったら、私は苦しんだだろう。解決しようと努力はするけれど、あっちゃんを責めただろう。すごく!責めただろう。そんな私を見て、彼は益々苦しむだろう。

私達二人は、きっとすごく悩み、落胆し…まさに二人共「絶望」の底へと落ちていったかもしれない。


喧嘩もしただろう。

罵り合いが始まったかもしれない。

彼は、

そんなことをしたくなかった…

そんな私を見たくなかった…

私を…悩ませたくなかったのだ。

だから…黙ったまま・・

誰にも言わずに・・逝ってしまったのだ。

あっちゃんは、

自分の余命を知っていたのかもしれない。

お酒を飲み…自らが…自らの命の長さを縮めたのではないだろうが…。


私の悩む顔が見たくなくて…。


それこそが…

最大にして最悪な裏切りなのに…

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。