絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

息を…大きく吸って

心が悲鳴をあげない日は…

1日もなかった。



これからも…

哀しさの中で

寂しさの中で


もがきながら…

生き続けなければならない。


この哀しみを…

乗り越えることは出来ないと思う。乗り越える時は、あっちゃんの処へ逝くときだろう。


ならば、この哀しみを抱いて生きるしかない。(そう長くなくていい…。)

あっちゃんの妻として…ではなく…

もう・・・これからは1人の人として…歩き始めよう…と思った。


山あり谷あり…

前を向いたり、振り返り立ち止まったり・・・することもあるだろう。涙だってジャンジャン流すだろう。


いつかは以前の様に元気になるだろうとか…

心から笑える日がいつか…来るだろうなんて…


そんな出来もしない望みは一切持たず…

今までの自分とは違う生き方をしようと決意した。

大切な…何かを・・・

忘れた振りをして前を向いて進んでみようと思った。



まずは…

約30年間勤めた仕事を3月31日に辞め・・・た。


もしかしたら…後悔するかもしれない。だけど…最大にして最悪の後悔を経験した私には、今…怖ぃものなどない。

さあ…何から始めようか…。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。