絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

独りぼっちの心地良さ

行き交う人の波…

どうして… こんなにも人が多いのだろう。

流石… 大阪・・・。

しかし、こんなに人がいるのに、ごちゃごちゃしているのに、この解放感は何なのだろうか… 。

知り合いがいない…

私の素性を知っている人がいない…

誰もいない… って…

寂しいことなのではないのか…

私は、誰もいない事に… 「独り」を悲しむどころか、その何の接触もない空間に心地良ささえ感じているようだった。


行き交う人の流れをのんびり眺めていた。


自分の過去を全て消し去り、何もなかったかのように、あの人波に紛れて歩いてみようか… なんて考えていた。


6日ぶりに家に向かって…

誰も待っていない… 家に帰る。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。