絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

思いやりと言う名の薬

「倒れていたのかと思いましたよ。」かかりつけの医師が開口一番そう言った。


バセドウ病とコレステロール(値が高い)の薬が、もう一ヶ月近く切れていた。


薬を飲んだからって…治る訳ではない…。もう…かれこれ20年近くになるのに、薬の量は増える一方で減ることはない。つまり効いていない訳だ。

薬のお陰で病状が抑えられているのは分かってはいるが・・・。

一ヶ月間飲んでいなくても、いたって元気。不快な症状もなく…全く平気なのも本当で・・。



「薬を飲んだところで…

長生きしたところで…どうなるものだろ…。」なんて…投げやりな気持ちにもなっていた。

検査をして、薬をもらって…そんな普通のことが…今の私は…、

「生きる」ことについて、少々消極的になっている私にとっては・・

「面倒くさい…」そっちの気持ちの方が上回って…。

ただ…「面倒くさい…」って…病院へ行かなかった。

そう言えば、あっちゃんも…薬を飲んでいたなぁ。

何の薬を飲んでいるのか…聞きもしなかった。

しっかり聞いていたら、症状を少しは理解し危機意識も高まり…あっちゃんは死ななかったのだろうか。


「薬を飲まんといけんから…」って、夜中遅く帰って来たにもの関わらず、朝起きて食事をしていた。


定期的に通院していたし薬も服用していた。

「生きたい」と願ったはずだ。

「治したい」と祈ったはずだ。


だけと…遺品を整理する中・・

真っ新な薬が、

飲まなかったのか…飲み忘れたのか押入れから沢山… 出てきた。

慰めにしかならなかった…・・薬…

本当に必要な薬は、

「思いやり」だった…。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。