絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

沖縄の父からもらった宿題

占いなんて全く信じていなかったけれど…

心が優しい言葉を欲していた。


椅子に座ると・・・その人は、

名前も生年月日も…何も伝えていない私の両手を見た。直ぐに…「どうしてこうも一人で頑張ったかねぇ。」と言った…。

その瞬間…声にならない涙が後から後から…流れた。

そして、

貴女の横にご主人を感じない。と…


ドキっとした。

それから…

私は、「沖縄の父」と言われるその人の言葉…その一言一言を聞き逃すまいと、必死に聞いた。溢れる涙を拭くこともせず聞き入った。


これからの生き方へのアドバイスももらった。

15分間の鑑定だった。

私は暫く…そこに座って…今度は声に出して泣いていた。私の少しを理解してくれる人がここに…いたことへの安堵感もあった。でも…これからも一人で生きていかなければならないという宿題をもらい・・・「よし!」という意気込みよりも…また始まる味気のない日々を思い…やるせなかった。

だけど店を後にした時、少しだけ軽くなった私の心があったのも確かだった。

本当かどうか…は分からない。


ただ…「泣ける」っていいね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。