絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

まだまだ暑い…今日という日。

仕事帰りに必ず立ち寄る娘のアパート…。

ドアホンを鳴らすと、娘となっちゃんが笑顔で迎い入れてくれる。


「ただいまー」って、笑顔で答える。まだ、3日目だから大した仕事はしていない。だから5時半には帰れる。


「ただいまー」なんて…何年ぶりに言っただろう。

しかも、

陽がまだこんなにも高いうちに帰れるなんて…こんなに嬉しいことはない。何故なら、まだまだ「今日」の残りの時間が楽しめる。まだ、「今日」が沢山残っているのだ。

以前の仕事からは考えられない…夢のような余暇だ。


帰りついてしばらくすると、なっちゃんの晩御飯の時間になる。

いつの間にか…

晩御飯を食べさせるのは、私の仕事となっていた。

それが、

今一番の楽しみで・・・

私の顔が一番ほころぶ時。


今日は、有名なメロンパン屋さんに寄って、なっちゃんが大好きなパンを買って帰った。

明日のお土産は何にしようかな。


待ってくれている人がいるって…

本当に嬉しい…。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。