絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

いっそ!鬼にでもなってやろうか…

どうのこうの…

言葉を並べてみても・・

皆んな…お盆だ。

里帰りだ。

連休だ・・・って・・。


あれから2年と半年が過ぎ…3度目のお盆を迎えようとしている今でさえも…本当にあっちゃんはいないのか…。もう、あのおやじギャグも聞くことも…あの笑顔を見ることも…本当に、本当にできなくなってしまったのか……。


今でもこの現実を疑ってしまうことがある。


私だって…お盆ぐらいあっちゃんと過ごしたい。


ずっと…張り詰めていた思いが、こっちに来て、初めて崩れてしまった。これが…本来の姿なのかもしれない。

お盆だし・・

会いたいよ。

会いたくて…。

会いたくて…。

頑張ろうとしている気持ちが…。薄れていく…ような気さえする。

最初から無理だったのかなぁ。あっちゃんがいない世界で生きることなんて…出来るはずないんだ・・なんて…

気持ちがまた…下がる。

あの時感じた「絶望」を感じてしまっている。

…終わったんだ。やっぱり…


私が私として生きることは…。

終わってしまった…。

確かに、周りを見ても、

何もかも変わってしまった…。


泣いて…泣いて、赤く膨れ上がった目を見て思った。

いっそ!

鬼にでもなってやろうか…


ふと…思う。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。