絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

あっちゃんの笑顔がないから…

どうして…後から後から涙が出るんだろう。

なっちゃんも元気になって…

仕事にも少し慣れたし…問題もない。心配事も今はないはずなのに…


何故か…悲しい。


分かっている。

理由は、あっちゃんがいないからだ。いつも…そう…

理由は…それだけ・・・



1ヶ月後…甥の結婚式がある。


1ヶ月以上前に結婚式の案内状が家に届いた。私は封も開けずに、引越し先のアパートに持って来た。今も…そのまま・・

持って来た服と一緒にスーツケースの中にある。


行きたくない…。

行かれない・・・。



3年前の今頃…

娘の結婚式の準備で…

あっちゃんと2人で出席者のホテルを決めたり、結婚式の話をしたり…娘を嫁がせる親の思いにどっぷり浸かりながらも、寂しくもあり楽しみでもあり…。そんな夏の終わりを過ごしていた。


そして…挙式当日。


私の記憶では、あっちゃんの笑顔を見たのは・・


最期の笑顔は…娘の結婚式だった。


それが、本当に最期だった。

結婚式が終わってからと言うもの、止めていたお酒を飲み始めた。

毎日毎晩…結婚式のDVD見ながら、

毎日毎晩…結婚式のDVDを見てお酒を飲んでいた。


どんな思いで…

毎日毎晩…。

まるで結婚式の全てを記憶するかのように、

ソファに座っで、黙ってひたすら見ていた。

寂しげで…

少し肩を落として…


愛する…

関わりのある人を忘れないように…


じっと、毎日毎晩見ていた。


それから…2ヶ月もせず

あっちゃんは逝ってしまった…。


娘の花嫁姿をしっかり胸に刻んで…

逝ってしまった…。



幸せの中にある弾けんばかりの笑顔は、素晴らしいものだ。


だけど、私はまだ笑えないから…。

笑いたくないから…。


笑うと泣いてしまうから…。


そろそろ…返信しなくちゃね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。