絶望の底から青い空を見て・・・

2014年12月31日
私の目を見て医師は、言った。
「24時間の命です。」
2015年1月20日最愛の夫は、死んでしまった。
死・借金・裏切り・崩壊・人間不信…
今、独り…目に見えない何かと闘いながら生きていく…。
逢いに逝けるその日まで…。

トントン…トン!

子ども達は、困ったこと、友達とのトラブル、病気のこと・・何でも話しに来る。


「職員さーん!」と言って、スタッフルームのドアを叩く。


その時は、皆・・・


涙顔やふくれっ面。

もやもやイライラする気持ちを抑えきれずに、たまには、女の子なんだけれど、べらんめい口調…で。


だけど…目を見て、肩を撫で「うん、うん」ってうなづきながら聞いているうちに…


ニコッ…って微笑む。

私も話したいことがいっぱいある。

聞いてもらいたいことが…沢山ある。ただ…

聞いてくれるだけでいい…

それだけなのに・・

話せる人がいない…。


この2年と半年で、私の周りの風景は随分変わった。


一番変わってしまったのは私なのだろう。


だから…私はいつからか…

自分の事を話す事を止めた。


でも…時々・・・

ここにいる子ども達のように、

トントントン…って

誰かの心のドアをノックして、

聞いてもらいたい・・・。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。